ホーム > 青色申告の基本・メリット

青色申告の基本・メリット

青色申告ってなに?

まず始めに、個人事業者(1)は、一年間の所得(2)を計算し税務署へ報告するとともに、その所得に応じた税金を納めることが義務付けられています。これがいわゆる「確定申告」です。


個人事業者の確定申告には方法が2種類あり、そのうち、税務署に対して「所得税の青色申告承認申請書」を期限内に提出し、正しい記帳に基づき申告をおこなうことで税法上の様々な特典を受けられる確定申告の方法を「青色申告」と言います。また、もう一方の「青色申告」ではない確定申告の方法は、一般的に「白色申告」と呼ばれています。


1)  個人事業者  …  個人として、営業等の事業、不動産の賃貸、山林の伐採・譲渡等による収入を得る人のこと
2)  所得  …  売上から諸経費等を差し引いたもので税金の計算のもととなるもの

青色申告のメリット

青色申告には、白色申告にはない数々の税制上の優遇があり、効果的な節税がおこなえます
また、正しい記帳をすることで、正確な経営状態の把握、適切な経営判断および対外的な信用の獲得が可能になることも青色申告の大きなメリットです。

青色申告の特典

青色申告には、白色申告にはない税法上の特典が約60項目もあります。

所得から最高65万円が引ける【青色申告特別控除】

以下の条件に応じて、最高で65万円または10万円を所得から差し引くことができます。

65万円控除

事業所得者や、一定貸付規模以上の不動産所得者が、毎日の取引を正規の簿記の原則に従った方法(複式簿記)で記帳し、期限内に損益計算書と賃借対照表を確定申告書に添付して提出したとき。

65万円控除

65万円控除を受ける際に必要な記帳方法(複式簿記)以外の方法(簡易簿記等)で記帳したとき、
または、一定貸付規模以下の不動産所得者や山林所得者など。


赤字金額を翌年以降3年間もしくは前年の黒字金額から引ける【純損失の繰越控除・繰戻還付】
純損失の繰越控除

赤字が出た年の確定申告を期限内に青色申告でおこない、翌年以降も一定の要件を満たしている場合、その赤字額を黒字が出た年(翌年以降3年以内)の所得から差し引くことができます。

純損失の繰戻還付

さらに、その年の前年も青色申告をおこなっていて黒字の場合、その赤字額を前年の黒字額から差し引いて再計算し少なくなった税額(と前年に支払った所得税額)との差額を戻すことができます。

家族への給与が必要経費にできる【青色事業専従者給与】

青色事業専従者の届出を出すことにより、その働きに応じた適正な金額の範囲内である限り、家族への給与が必要経費として認められ、金額に上限がありません(白色申告では最高86万円)。

少額の減価償却資産を一括で必要経費にできる【中小企業者の少額減価償却資産の必要経費算入の特例】

10万円以上30万円未満の減価償却資産を、年間で最高300万円分まで、一括で必要経費にできます。

教えて!青色申告会ってどんなところ?

青色申告会は、個人事業者に分かりやすく納得のいく、帳簿記帳や税について指導活動を行っています。


事業を運営していく中で、帳簿記帳や税に関する専門的な作業時間を費やすことは事業者の方に大きな負担となっているのが現状です。


そこで、青色申告会が各種指導や講習会を通し、事業者皆様の負担を軽減するサポートをさせて頂いております。

  • お問い合わせ
  • 電話0428-23-0108 受付時間 月曜から金曜 午前9時から午後5時まで
  • メールでのお問い合わせはこちら
入会をご希望の方はこちら
入会申込みフォーム
西多摩8市町村をカバー

青梅市、福生市、羽村市、あきる野市、 瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村

  • 保険のプロに聞ける生面ほけん相談室
  • 新規会員紹介でクオカードプレゼント
  • 国税電子申告納税システム「e-Tax(イータックス)」
  • 職員コラム
  • 社団法人青色申告会職員ブログ 西多摩あおいろ通信
このページの先頭へ